講座・展示会等のお知らせ

大拙と松ヶ岡文庫展 図録 大拙と松ヶ岡文庫展 概要 大拙没後五十年記念品の紹介 刊行中書籍の紹介 鈴木大拙遺墨集の紹介 各種研究資料の紹介 松ヶ岡文庫フォトライブラリー 音声・映像の紹介

鈴木大拙没後50年の記念など定期的に仏教講座を開催。

令和3年度大拙松ヶ岡仏教講座
 昨年に引き続き、本年も毎月第一又は第二の金曜日に、年間5回の坐禅と講演の会を開きます。

講座

1. 坐禅(法話も含む) 13:00―13:45
日程   講師
下記参照 鈴木省訓(玉泉寺閑栖・松ヶ岡文庫代表理事)
2. 講演(質疑応答) 14:00―15:30
日程 講題 講師
6 4 (金) 「縁と無縁を巡って」 平川克美(隣町珈琲代表立教大学客員教授)
7 2 (金) 「水月観音菩薩像」 清水眞澄(三井記念美術館館長)
9 3

(金) 「大悲と霊性」 水野友晴(関西大学文学部准教授)
10 1 (金) 「山岳信仰と仏教」 鈴木正崇(慶應義塾大学名誉教授)
11 5 (金) 「朝鮮印刷文化と日本」 藤本幸夫(新村出記念財団代表理事)

3. 受講費用 6000円(5回分一括)※東慶寺経由の場合には拝観料必要

4. 会場 公益財団法人松ヶ岡文庫

申し込み方法

往復ハガキに「1:郵便番号 2:住所 3:氏名 4:年齢 5:職業 6:連絡先」をお書き添えの上、「〒247-0062 鎌倉市山ノ内1375 (公財)松ヶ岡文庫 講座係」 までお送りください。
折り返し、参加の可否(可の場合は「講座参加証」)(返信ハガキ)でご連絡します。参加費用は、返信ハガキに記入された郵便口座へ、記入期限までにお振込みください。※返信ハガキの宛名も各自で記入のこと

その他



【お知らせ】(令和2)年「大拙松ヶ岡文庫仏教講座」中止の件

平素より、当文庫の講座案内に対しご厚情を賜り、誠に有難うございます。

現在発生しております新型コロナウイルスの影響がまだまだ地球規模で大変な状況下にあります中、二波 三波の感染状況を案じる昨今です。当文庫も協議の結果、聴講生、講師、関係者等の健康・安全面を第一に考慮し本年度残りの下記ご講座すべて中止と決定いたしましたので、お知らせ申し上げます。

【中止】
  • 第3回目 令和2年9月4日(金)若麻績敏隆(善光寺白蓮坊住職・画家)「極楽浄土の深層」
  • 第4回目 令和2年10月2日(金)皆川廣義(駒沢大学名誉教授・常真寺住職)「教主・釈尊の生涯と教え」
  • 第5回目 令和2年11月6日(金)立川武蔵(国立民族学博物館名誉教授)「仏教に特殊な論理があるのか―『中論』における四句分別について―」

・ご講座を快くお引き受けくださいました講師の諸先生方、聴講を待ち望んでおります皆さま方、本当に残念なのですが、用心の上、このような形をとらせていただきましたことご了承いただければ幸いです。
今後ともご高配を賜りますようお願い申し上げます。

【お申込み及びすでにご入金されている参加者の皆様へ】
すでにご入金されています聴講生の方、往復はがきでお申し込みされた方々は来年度(令和3年)にお廻しいたしますので、恐れ入りますが、現在の受講票を来年度にご持参ください。

重なるご連絡となり、なにかとご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。不明点等々ございます場合には、当松ケ岡文庫事務局伴宛に、ご連絡ください。

時節柄、くれぐれもお身体お大切にと念じ上げます。        合掌

令和2(2020)年6月17日   公益財団法人松ヶ岡文庫

【お知らせとご報告】本年度及び今後の「大拙忌法要」の件

謹啓 向暑の候
平素より、当文庫の講座案内に対しご厚情を賜り、誠に有難うございます。

現在発生しております新型コロナウイルスの影響がまだまだ地球規模で大変な状況下にあります中、二波、三波の感染状況を案じる昨今です。当文庫も協議の結果、下記の開催をすべて中止と決定いたしましたので、お知らせ申し上げます。

T【中止事項】
「本年度及び今後の大拙忌法要の件」
  • 大切な大拙先生のご供養の機会でもありますが、上記の理由にて当文庫役員のみの供養(今後も同様)という形をとらせていただきますので、一般参列者皆様方にはご理解いただきたくお願い申し上げます。
U【報告事項】
「本年度鈴木大拙生誕150年記念としての報告」
  • 松ケ岡文庫功労賞 常盤義伸先生(大阪府)
    多年にわたって大拙博士の原稿並びに著作の整理を通じて松ケ岡文庫の発展に大いに貢献くださいました常盤義伸先生(大阪府)にその功績を讃え金一封を添えて表彰いたします。
  • その他の諸先生方にも役員一同重ねて深謝申しますことをこの場をお借りして報告させていただきます。

今後ともご高配を賜りますようお願い申し上げます。

なにかとご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解の程お願い申し上げます。

末筆ながら、御体調にはくれぐれもご留意の上、お過ごしくださいませ。        合掌

令和2(2020)年6月17日   公益財団法人松ヶ岡文庫

【お知らせ】(令和2)年「大拙松ヶ岡文庫仏教講座」の件

平素より、当文庫の講座案内に対しご協力を賜り、誠に有難うございます。

現在発生しております新型コロナウイルス感染症が日増しに拡大している状況を受け、唐突なご連絡となりますが、聴講を予定しています皆様方、講師、関係者等の健康・安全面を第一に考慮した結果、さしあたり、6月、7月のご講座開催は中止することにいたしましたので、お知らせ申し上げます。

しかしながら、この感染状況は今後も不透明であり、感染症拡大状況により、今後の講座開催についても変更が生じる場合がございます。 ご講座をお待ちいただいている皆様方、あるいは、快くお引き受け下さいました講師の諸先生方には、申し訳ございませんが、9月、10月、11月のご講座開催に際しましては、おって、ご連絡をさせていただきます。(遅くとも、来る7月12日までに当文庫のホームページにて、随時に最新情報を掲載いたしますので、ご確認いただければ幸いです。)

【中止】
  • 第1回目 令和2年6月5日(金)佐藤裕美(日本モロッコ協会顧問)「難民受け入れ問題と異文化理解」
  • 第2回目 令和2年7月3日(金)菅原伸郎(在家仏教協会理事長)≪「霊性」とはどんなことか≫

【お申込みをいただいてご入金なさっている参加者の皆様へ】
すでにご入金されていますご講座料は返金いたしませんが、来年度(令和3年)にお廻しいたしますのでご了承願い申し上げます。
尚、ウイルス感染状況が不透明で確定はできませんが、講座可能となりました場合は、本年度は無料といたしますので、ホームページ、お電話等で事務局にご確認、ご連絡の上、ご参加下さいますようお待ち申し上げております。
急なご連絡となり、なにかとご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

時節柄、くれぐれもお身体お大切にと念じ上げます。        合掌

令和2(2020)年4月10日   公益財団法人松ヶ岡文庫

過去の講座

令和2年度大拙松ヶ岡仏教講座
 昨年に引き続き、本年も毎月第一又は第二の金曜日に、年間5回の坐禅と講演の会を開きます。

講座

1. 坐禅(法話も含む) 13:00―13:45
日程   講師
下記参照 鈴木省訓(玉泉寺閑栖・松ヶ岡文庫代表理事)
2. 講演(質疑応答) 14:00―15:30
日程 講題 講師
6 5 (金) 「難民受け入れ問題と異文化理解」【中止】 佐藤裕美(日本モロッコ協会顧問)
7 3 (金) ≪「霊性」とはどんなことか≫【中止】 菅原伸郎(在家仏教協会理事長)
9 4

(金) 「極楽浄土の深層」【中止】 若麻績敏驕i善光寺白蓮坊住職・画家)
10 2 (金) 「教主・釈尊の生涯と教え」【中止】 皆川廣義(駒沢大学名誉教授・常真寺住職)
11 6 (金) 「仏教に特殊な論理があるのか
―『中論』における四句分別について―」
【中止】
立川武蔵(国立民族学博物館名誉教授)

 

平成31年度大拙松ヶ岡仏教講座
 昨年に引き続き、本年も毎月第一又は第二の金曜日に、年間5回の坐禅と講演の会を開きます。

講座

1. 坐禅(法話も含む) 13:00―13:45
日程   講師
下記参照 鈴木省訓(玉泉寺閑栖・松ヶ岡文庫代表理事)
2. 講演(質疑応答) 14:00―15:30
日程 講題 講師
6 7 (金) 「霊性の扉―他力と大悲―」 木越 康(大谷大学学長)
7 5 (金) 未定 フレデリック・ジラール(元フランス東方学院教授)
9 6

(金) 柳澤吉保と禅−『勅賜護法常應録』の世界− 古川周賢(恵林寺住職)
10 4 (金) 「V.E.フランクルと鈴木大拙」 山田邦男(大阪府立大学名誉教授)
11 1 (金) 「死者の民主主義」 中島岳志(東京工業大学リベラルアーツ研究教育院)

 

平成30年度大拙松ヶ岡仏教講座
 昨年に引き続き、本年も毎月第一又は第二の金曜日に、年間5回の坐禅と講演の会を開きます。

講座

1. 坐禅(法話も含む) 13:00―13:45
日程   講師
講演日程と同じ 鈴木省訓(玉泉寺閑栖・松ヶ岡文庫代表理事)
2. 講演(質疑応答) 14:00―15:30
日程 講題 講師
6 1 (金) 「禅と念仏の邂逅」 〜朝比奈老師と村田和上のこと〜 衣斐弘行(大泉寺住職)
7 6 (金) 「絶対矛盾的自己同一 −平等は差別をもって現れる−」 形山瞳峰(無相庵菩提禅堂々主)
9 7

(金) 「日本的霊性」とあたらしい生命感覚 小倉紀蔵(京都大学教授)
10 5 (金) 「松ヶ岡文庫の版木世界 −神仏と祈りの姿−」 淵田 雄(多摩美術大学美術館学芸員)
11 2 (金) 「ヘーゲル 『弓と禅』 とその禅理解 」 魚住孝至(放送大学教授)

 

平成29年度大拙松ヶ岡仏教講座
 昨年に引き続き、本年も毎月第一又は第二の金曜日に、年間5回の坐禅と講演の会を開きます。

講座

1. 坐禅(法話も含む) 13:00―13:45
日程   講師
講演日程と同じ 鈴木省訓(玉泉寺閑栖・松ヶ岡文庫代表理事)
2. 講演(質疑応答) 14:00―15:30
日程 講題 講師
6 2 (金) 「居合道と禅」 斎喜 要(弁護士)
7 7 (金) 「考古学から見たユダヤ教〜食の規定と穢れの概念」 牧野久実(鎌倉女子大学)
9 1 (金) 「観音菩薩半跏像修理について」 瀧本光國(光圓美術研究所)
10 6 (金) 「鎌倉禅のこと」 高井正俊(宗禅寺住職)
11 10 (金) 「釈宗演のセイロン留学—仏教がアメリカへ広まった起点」 馬場紀寿(東京大学)

 

平成28年度大拙松ヶ岡仏教講座
 昨年に引き続き、本年も毎月第一又は第二の金曜日に、年間5回の坐禅と講演の会を開きます。

講座

1. 坐禅(法話も含む) 13:00―13:45
日程   講師
講演日程と同じ 鈴木省訓(玉泉寺閑栖・松ヶ岡文庫代表理事)
2. 講演(質疑応答) 14:00―15:30
日程 講題 講師
6 3 (金) 「松ヶ岡文庫の禅籍より見た中世禅林の世界」 安藤嘉則(駒沢女子大学教授)
7 1 (金) 「大拙訳『教行信証』の課題」 本多弘之(親鸞仏教センター所長)
9 2 (金) 「大拙禅の未来」 中沢新一(明治大学特任教授)
10 7 (金) 「浄土真宗と妙好人」 林智康(龍谷大学教授)
11 4 (金) 「鈴木大拙における妙好人研究の意義」 菊藤明道(京都短期大学名誉教授)

平成27年度大拙松ヶ岡仏教講座
 昨年に引き続き、本年も毎月第一又は第二の金曜日に、年間5回の坐禅と講演の会を開きます。

講座

1. 坐禅(法話も含む) 13:00―13:45
日程   講師
講演日程と同じ 鈴木省訓(玉泉寺閑栖・(公財)松ヶ岡文庫代表理事)
2. 講演(質疑応答) 14:00―15:30
日程 講題 講師
6 5 (金) 「華厳と禅との間」 木村清孝(東京大学名誉教授・曹洞宗龍宝寺住職)
7 3 (金) 「『日本的霊性』から考えること」 新田雅章(福井県立大学名誉教授)
9 4 (金) 「西田哲学と悟り」 岡廣二(元十文字高等学校教諭)
10 2 (金) 「松ヶ岡文庫外国語文献から見えてきたもの
:大拙夫妻と国際仏教ネットワーク」
吉永進一(国立舞鶴工業高等専門学校準教授)
11 6 (金) 「鈴木大拙の説く仏教と科学」 櫛田孝司(奈良先端科学技術大学院大学名誉教授・大阪大学名誉教授)

平成26年度大拙松ヶ岡仏教講座
 昨年に引き続き、本年も毎月第一又は第二の金曜日に、年間5回の坐禅と講演の会を開きます。

講座

1. 坐禅(法話も含む) 13:00―13:45
日程   講師
講演日程と同じ 朝比奈惠温(浄智寺住職)
2. 講演(質疑応答) 14:00―15:30
日程 講題 講師
6 6 (金) 「仏教が教える健康で長生き」 田畑正久(龍谷大学大学院教授 佐藤第二病院院長)
7 4 (金) 「虚空はるかに −旅情と青雲の志」 帯津良一(日本ホリスティック医学協会会長 帯津三敬病院名誉院長)
9 5 (金) 「白陰慧鶴と松ヶ岡文庫所蔵八重葎について」 松原正樹(臨済宗佛母寺住職 スタンフォード大仏教学研究員)
10 3 (金) 「存在も仏も「時」であること」
-あなたが仏になったことを受け入れるために-
峯崎賢亮(時宗一向寺住職、内科医)
11 7 (金) 「カビール神秘詩と大拙禅学との出会い」 小林圓照(花園大学名誉教授)

平成25年度大拙松ヶ岡仏教講座
 昨年に引き続き、本年も毎月第一又は第二の金曜日に、年間5回の坐禅と講演の会を開きます。

講座

1. 坐禅(法話も含む) 13:00―13:45
日程   講師
講演日程と同じ 朝比奈惠温(浄智寺住職)
2. 講演(質疑応答) 14:00―15:30
日程 講題 講師
6 7 (金) 「仏教と萬葉集―讃酒歌をめぐって―」 伊藤益(筑波大学大学院教授)
7 5 (金) 「観音と般若心経」 斉藤明(東京大学大学院教授)
9 6 (金) 「鈴木大拙と窪田空穂」 大下一真(歌人・瑞泉寺住職)
10 4 (金) からだ・ことば・こころ―禅がめざすものを考える― 岡部和雄(駒沢大学名誉教授)
11 8 (金) 鈴木大拙の「東洋」と「西洋」 桐田清秀(花園大学教授)

平成24年度大拙松ヶ岡仏教講座
 昨年に引き続き、本年も毎月第一又は第二の金曜日に、年間5回の坐禅と講演の会を開きます。

1. 坐禅(法話も含む) 13:00―13:45
日程   講師
講演日程と同じ 朝比奈惠温(浄智寺住職)
2. 講演(質疑応答) 14:00―15:30
日程 講題 講師
6 8 (金) 「海外における仏教文化受容の形体」 一島正真(大正大学名誉教授)
7 6 (金) 「前後際断と有時の而今−道元禅師の時間論私考−」 石井清純(駒沢大学学長)
9 7 (金) 「鈴木大拙と井筒俊彦」 若松英輔(評論家)
10 12 (金) 「日本仏教に見る止観の実践−法相宗・禅宗を中心に− 蓑輪顕量(東京大学大学院教授)
11 9 (金) 「鈴木大拙とルース・ベネディクト」 前川亨(専修大学准教授)

平成23年度大拙松ヶ岡仏教講座
 昨年に引き続き、本年も毎月第一又は第二の金曜日に、年間5回の坐禅と講演の会を開きます。

1. 坐禅(法話も含む) 13:00―13:45
日程   講師
講演日程と同じ 朝比奈惠温(浄智寺住職)
2. 講演(質疑応答) 14:00―15:30
日程 講題 講師
6 10 (金) 「一禅僧の生い立ち」 吉田正道(臨済宗建長寺派管長)
7 1 (金) 「欧米における仏教への関心」 石黒ひで(ロンドン大学名誉教授)
9 2 (金) 「永嘉玄覚の禅思想」 池田魯参(駒沢大学教授)
10 14 (金) 「ヒンドゥー教と仏教」 前田専學(東京大学名誉教授)
11 4 (金) 「大拙英訳『般若心経』の前後」 荒井良雄(駒沢大学名誉教授)

平成22年度大拙松ヶ岡仏教講座
 毎月第一の木,金又は第二の金曜日に、年間5回の坐禅と講演の会を開いている。

1. 坐禅(法話も含む) 13:00―13:45
日程   講師
講演日程と同じ 朝比奈惠温(浄智寺住職)
2. 講演(質疑応答) 14:00―15:30
日程 講題 講師
6 10 (木) 「ラテン詩と古代ローマの詩人たち」 南條竹則(翻訳家 作家)
7 2 (金) 「大用国師と円覚寺僧堂」 横田南嶺(臨済宗円覚寺僧堂師家)
9 10 (金) 良忠上人『看病用心鈔』のこころ 宮林昭彦(浄土宗大本山光明寺法主)
10 15 (金) 「南泉の異類中行と楞伽経の
兎角牛角」
常盤義伸(花園大学名誉教授)
11 5 (金) 「他宗教との対話」 ヨゼフ・ピタウ(カトリック教会大司教)

平成21年 第4回 大拙松ヶ岡仏教講座
 年間5回の坐禅と講演の会を開催
 本年は、当文庫所蔵の重要文化財「新編仏法大明録」の修復作業終了を記念して、その披露と展示を併せて、「特別記念講演会」及び「修復工程の講話」を開催

1. 坐禅(法話も含む)
日程   講師
講演日程と同じ 朝比奈惠温(浄智寺住職)
2. 講演
日程 講題 講師
6 12 (金) 「鈴木大拙と戦争」 末木文美士(国際日本文化研究センター教授)
7 3 (金) 「死の哲学」 清水 博(NPO法人 場の研究所所長)
9 11 (金) 「禅問答を読む」 小川 隆(駒沢大学教授)
10 2 (金) 「イスラームの目指すもの」 鎌田 繁(東京大学教授)
11 6 (金) 「非」の思想可能性 竹内整一(東京大学教授)
3. 展示と特別講演
日程 講題 講師
11 27 (金) 新編仏法大明録 石井修道(駒沢大学教授)
11 27 (金) 重要文化財修復工程の講話 半田昌規(株式会社半田九清堂代表取締役)

平成20年 第3回 大拙松ヶ岡仏教講座
 年間5回の坐禅と講演の会を開催

1. 坐禅と法話
日程   講師
講演日程と同じ 朝比奈惠温(浄智寺住職)
2. 講演
日程 講題 講師
6 13 (金) 「悪人正機と涅槃經」 MARK. L. BLUM(ニューヨーク州立大学助教授)
7 4 (金) 〈零度の存在〉
―偶然から必然へ−
武田定光(真宗大谷派因速寺住職)
9 12 (金) 鈴木大拙先生と『教行信証』」 安冨信哉(大谷大学教授)
10 10 (金) 「吾れ、如何に生きるべきか」 森山志郎(片マヒ自立研究会主宰)
11 14 (金) 「象徴としての自然」 渡邊明義(国宝修理装黄師連盟顧問)

平成19年 第2回 大拙松ヶ岡仏教講座
 年間5回の坐禅と講演の会を開催

1. 坐禅と法話
日程   講師
講演日程と同じ 朝比奈惠温(浄智寺住職)
2. 講演
日程 講題 講師
6 15 (金) 「アリスの首の話」 重松宗育(承元寺住職 前関西医科大学教授)
7 6 (金) 「鈴木大拙の思い」 清水守拙(翻訳家・妙仙寺住職)
9 7 (金) 「専門バカとバカ専門」 なだいなだ(精神科医・作家)
10 5 (金) 「現代に生きる鈴木大拙」 寺島実郎(財)日本総合研究所会長・評論家)
11 16 (金) 「禅のお話」 井上正道(東慶寺住職・松ヶ岡文庫理事長)

平成18年 第1回 大拙松ヶ岡仏教講座
 年間5回の坐禅と講演の会を開催

1. 坐禅と法話
日程   講師
講演日程と同じ 浄智寺住職 朝比奈惠温師
東慶寺住職 井上正道師
玉泉寺閑栖 鈴木省訓師
2. 講演
日程 講題 講師
6 9 (金) 「大拙と道元の『正法眼蔵』禅」 石井修道駒澤大学教授
7 7 (金) 「仙拷謔フ見方」(スライド付) 黒田泰三出光美術館学芸課長
9 8 (金) 「鎌倉時代の禅」 高橋秀榮前金沢文庫長
10 6 (金) 「釋宗演老師と鈴木大拙」 鈴木省訓前玉泉寺住職
11 10 (金) 「大拙と科学」 金子 務大阪府立大学名誉教授
ご挨拶設立と由来事業活動講座・展示会等のお知らせ鈴木大拙・松ヶ岡文庫略年譜主要著作一覧
松ヶ岡文庫研究年報鈴木大拙遺墨集所蔵品一覧アクセスお問い合わせサイトマップ