略年譜

大拙と松ヶ岡文庫展 図録 大拙と松ヶ岡文庫展 概要 大拙没後五十年記念品の紹介 刊行中書籍の紹介 鈴木大拙遺墨集の紹介 各種研究資料の紹介 松ヶ岡文庫フォトライブラリー 音声・映像の紹介
明治 3年(1870) 0歳     本名貞太郎、道号大拙10月18日金沢市に生る。
明治 9年(1876) 6歳 4月   金沢市本多小学校入学、父逝去。
明治 15年(1882) 11歳     石川県専門学校付属初等中学科入学。
明治 21年(1888) 18歳     西田幾多郎とともに四高に編入学、まもなく家庭の事情で中途退学。
明治 23年(1890) 20歳     母逝去。
明治 25年(1892) 22歳     [東京]帝国大学哲学科選科入学、鎌倉円覚寺の今北洪川に参禅、洪川没後、後を継いだ釈宗演に師事。
明治 27年(1894) 24歳     釈宗演のもとで、見性「大拙」の道号受く。
明治 30年(1897) 27歳     渡米、イリノイ州ラサール市オープンコート出版社の一員となる。明治41年まで滞在中、仏教学を中心とする東洋哲学を修める。
明治 33年(1900) 30歳     『大乗起信論』を英訳して学界の注目をひく。
明治 40年(1907) 37歳     英文『大乗仏教概論』を出版。
明治 43年(1910) 40歳     学習院教授。
明治 44年(1911) 41歳     ビアトリス・レンと結婚。
大正 7年(1918) 48歳     釈宗演の遺言により松ヶ岡文庫設立の計画立案。
大正 8年(1919) 49歳     釈宗演遷化、これより参禅をやめる。
大正 10年(1921) 51歳     真宗大谷大学教授就任、同大学に「東方仏教徒協会」を設立、英文雑誌『イースタン・ブディスト』創刊。
昭和 2年(1927) 57歳     Essays in Zen Buddhism: First Series.
昭和 5年(1930) 60歳     『楞伽経の研究』
昭和 9年(1934) 64歳     文学博士号(大谷大学)を受ける。
昭和 11年(1936) 66歳     ロンドンの世界宗教大会に日本代表として渡英。
昭和 12年(1937) 67歳     古田紹欽訳文検討のため鎌倉円覚寺正伝庵を訪ね、大拙師との機縁を得る。
昭和 14年(1939) 69歳     ビアトリス夫人逝去。
昭和 18年(1943) 73歳     西谷啓治の紹介で、妙好人浅原才市の詩を発見。
昭和 19年(1944) 74歳     『日本的霊性』の出版。
昭和 21年(1946) 75歳 2月   鎌倉に財団法人松ヶ岡文庫を創立認可
初代理事長鈴木貞太郎(大拙)
昭和 24年(1949) 79歳 1月   日本学士院会員、6月渡米以降10年間渡米、その後しばしば欧米各大学で講義、11月文化勲章を受く。
昭和 30年(1955) 85歳     「鈴木大拙選集」により朝日文化賞受賞。
昭和 33年(1958) 88歳 11月   帰国、『教行信証』翻訳着手。
昭和 34年(1959) 89歳 8月   帰国、以降、松ヶ岡文庫にて研究生活を続ける。
昭和 41年(1966) 95歳 7月
12月
12日 東京聖路加病院にて没。
松ヶ岡文庫第2代理事長出光佐三。
昭和 42年(1967)   4月   古田紹欽松ヶ岡文庫文庫長。
昭和 43年(1968)   3月   鈴木大拙全集第1次刊行、1980年10月第2次刊行、
1999年10月第3次刊行。
昭和 56年(1981)   5月   松ヶ岡文庫第3代理事長出光昭介。
平成 13年(2001)   1月   松ヶ岡文庫文庫長古田紹欽逝去。
平成 15年(2003)   6月   松ヶ岡文庫第4代理事長井上正道。
平成 25年(2013)   7月   松ヶ岡文庫代表理事井上正道逝去。
平成 25年(2013)   7月   松ヶ岡文庫5代代表理事鈴木省訓。
ご挨拶設立と由来事業活動講座・展示会等のお知らせ鈴木大拙・松ヶ岡文庫略年譜主要著作一覧
松ヶ岡文庫研究年報鈴木大拙遺墨集所蔵品一覧アクセスお問い合わせサイトマップ